HOME サイトマップ SOHO関連情報 ビジネスサポート 受託事業 会員募集・登録 ニュースレター配信
 

調査・研究
 ├実施計画
 └
活動実績
イベント・セミナー
 ├最新情報
 └
過去のセミナー
        レポート
出版
 
SOHOシンクタンクとは
プライバシーポリシー
リンク・著作権について
お問い合わせ
 


 SOHOシンクタンク ぶっちゃけ相談オフ会
イベント・セミナートップページへもどる


■SOHOシンクタンク ぶっちゃけ相談オフ会のご報告
5月のテーマは「公的機関活用術」



去る5月11日(日)に開催したSOHOシンクタンクのオフ会の様子をお知らせしましょう。今回テーマは 公的機関活用術ということで、SOHOシンクタンクの理事であり、高千穂大学経営学部助教授の鹿住倫世さんに情報提供、相談にのって頂きました。

鹿住さんは中小企業事業団在職中、ベンチャー支援センターの運営、アドバイス業務やベンチャー支援関連施策の企画・運営に携わった経歴をお持ちなので、まさに私たちSOHOが教えて欲しいと思っていることを様々な角度から説明していただきました。(鹿住さんの詳しいプロフィールは最下部に掲載しています。)

(財)川崎市産業振興財団C.E.M(チーフ・エグゼクティブ・マネージャー)をなさっている(株)夢みらい21の牟田口雄彦さんもご参加いただき、貴重な情報、ここだけの話を突っ込んで聞くことができました。

まずは、SOHOにとっても使える施策について。
中小企業やベンチャー企業向けの公的支援は数々あるらしいのですが、今ひとつしっくりこない、どう活用してよいのかわからないと思っていました。
そのあたりの情報を分かりやすく整理して紹介しているのが、中小企業庁発
行の「中小企業施策ハンドブック」。
「少額でも無担保で借りられる資金」「開業や経営知識を身につけるセミナー」「弁護士、税理士など専門家への相談」「経営の悩み相談や同じ創業者同士のネットワーク作り」などなど、結構使えそうな支援が一まとめに紹介してあるので、自分の目的に合わせて探せて便利です。

この情報誌を見ながら、鹿住さんに各支援について具体的に内容を教えてもらいました。例えば、法律の無料相談やメール相談など、どこまで無料で対応してもらえるのか、どのような内容の相談を受けてもらえるのかなど。

弁護士さんに法律相談なんかした事がないSOHOの方も多いはず。事前に教えてもらうと安心して相談に行けますね。また、融資ではなく、丸まる全額助成してもらえる事業はあるのか、助成金獲得の条件は、といった質問も。

次に、そのような支援を受ける窓口、公的支援機関活用術について。
どのようなところがあるのか、どのような体制で行っているのか、上手な活用の仕方などなど。

窓口としては商工会議所、中小企業センター、自治体(市役所、区役所)などが挙げられます。少し前まではSOHOという言葉に馴染みがなく、個人事業など相手にしてもらえないのでは、とか、デジタル系の仕事やコンテンツ制作業など相談しても理解してもらえないのでは、という印象がありました。けれど、時代は動いています。先方も担当される方の得意不得意分野があります。予め相談したい内容を電話で問い合わせるなどして出かけると、きっと良いサービスを受けられます。もし、自分の希望のサービスがなかったとしても、そのような支援を求めているということが、相手にアピールできます。積極的に活用したいですね。また、自治体ごとに力を入れている産業があります。起業する際にどこで開業するかも、支援を活用するという点ではポイントとなりそうです。

これ以外にも、参加者の方の具体的な事業プランについてのディスカッションやビジネスプランコンテストの最近の動向など、大変内容の濃いオフ会となりました。

SOHOシンクタンクでは、このような小人数でのオフ会を通してSOHOの方が悩んでいること、知りたいことをFace to Face でお話しながら情報交換したいと思っています。開催は不定期ですが、ぜひご参加してみてください。

■「公的機関活用術」参考情報:

「中小企業施策ハンドブック」
中小企業庁のWebサイトで見ることができます。
中小企業庁施策広報室にて入手できます。
中小企業庁HP http://www.chusho.meti.go.jp

(関連サイト)

中小企業総合事業団 http://www.jasmec.go.jp

J-NET21 http://j-net21.jasmec.go.jp
※中小企業向けビジネス検索サイト。
 全国の都道府県等中小企業支援センターのURLが検索できます。

DREAM GATE http://www.dreamgate.gr.jp
※起業家のための情報提供、ネットワークサイト


■今回のお客様
SOHOシンクタンクの理事であり、SOHO白書執筆者の鹿住倫世さん。
中小企業事業団在職中は、ベンチャー支援センターの運営、アドバイス
業務やベンチャー支援関連施策の企画・運営に携わった業界(?!)通。

【鹿住倫世さんのプロフィール

(略歴)
1963年東京生まれ。
1986年お茶の水女子大学家政学部家庭経営学科卒業、同年中小企業
事業団入団。
職務の傍ら、1996年法政大学大学院経営学専攻修士課程修了、
1999年同大学院経営学専攻博士後期課程単位取得満期修了退学(経営学修士)。
1998年10月より中小企業庁に出向(2001年3月31日退職)。

(現職)
高千穂大学 経営学部 助教授(起業・事業経営コース 事業創造論他担当)
早稲田大学大学院、白鴎大学、目白大学非常勤講師

中小企業事業団在職中は、ベンチャー支援センターの運営、アドバイス
業務やベンチャー支援関連施策の企画・運営に携わった。

研究活動における専門分野は企業家活動論、ベンチャー企業経営論、イ
ンキュベーション論。

(著書)
(財)中小企業総合研究機構編『中小企業家精神』(1995)中央経済社(共著)
松田修一他編著『起業家の輩出』(1996)日本経済新聞社(共著)
金井一頼、角田隆太郎編『ベンチャー企業経営論』(2002)有斐閣(共著) 他

(所属学会)
日本ベンチャー学会、組織学会、産業・組織心理学会、日本中小企業学会



CopyRight SOHOシンクタンク 本サイトの情報、画像等の無断転載を禁止。