HOME サイトマップ ビジネスサポート 活動紹介 受託事業 会員募集・登録 ニュースレター配信
 

データ・調査
SOHO支援団体
SOHOの声
 
SOHOシンクタンクとは
プライバシーポリシー
リンク・著作権について
お問い合わせ
 


 SOHOの声

YAKOさん(石川県)の巻
 

今日ご登場いただくのは、小さなお子さんを育てながら、メルマガ編集やWeb制作など広い範囲のお仕事を意欲的にこなされているYAKOさんです。
たくさんの質問に快く答えて頂きました。

大竹 YAKOさん、今日は、よろしくお願いします。
まずは、主な仕事内容と開業時期を教えて下さい。
YAKO Web制作、イラスト制作、メルマガ編集、絵文字制作などです。
開業時期は2000年2月でした。
   
大竹 普段どちらを仕事場にされていますか。
YAKO 自宅の子どもの遊び場兼、パソコンルーム(子どもの遊び場とパソコンエリアはフェンスで区切っています)
   
大竹 SOHOを始めたきっかけは何だったのですか?
YAKO 自分が鍵っ子だったため、絶対子どもの小さいうちは家にいたいと思いました。
でも、安心して働くという意味では大いに自分の希望でもあると思います。
   
大竹 SOHOを始めて良かったことは?
YAKO 変化に富んだ仕事内容と、好きな仕事をチョイスできること、時間が自由になることと、自分の頑張りがそのままギャラに反映される明確さ。
   
大竹 SOHOワークで苦労する点は?
YAKO 仕事が重なったときや、納期が厳しいとき、子どもの急な病気などで時間がタイトになったときなどですね。
   
大竹 仕事をするために身に付けた技術はありますか?
YAKO 仕事をするために身につけたというよりも、できることを仕事にしたという感じです。
いろんな事に挑戦はしてきましたが、最初から仕事を目的として始めたわけではなくて、自分が興味のあることを続けていったら仕事につながったという感じです。
   
大竹 理想的ですね。営業方法は?
YAKO 特に営業はしていません。でも、いろんな作業実績が勝手に営業してくれているようです。
   
大竹 家族はSOHOについて、どう考えていますか?
YAKO 非常に協力的です。どうしても打ち合わせで出かけなくてはならないときは義母が子どもを見ていてくれますし、マシンのトラブルやメンテナンスは夫がすすんでしてくれます。
   
大竹 目標にしているSOHOの方はいますか?
YAKO 得にいませんね。もちろん先輩として憧れる人はいますが、SOHOとしての目標は、自分が気持ちよく自由に働けるってことですから、誰かをマネして自分が苦しくなってしまうような仕事の仕方はするつもりありません。
   
大竹 もし、経験のない仕事の依頼がきた場合、どうしますか
YAKO 各部門のプロフェッショナルがグループとして後ろに控えていますので、とにかく仕事の依頼は全部受けます。
   
大竹 仕事で落ち込んだ時は、どうしますか?
YAKO 落ち込んでいる暇無いですよ(笑)落ち込むというストレスを反動にできる得な性格かも知れません。
   
大竹 SOHOをする上で必要なものは?
YAKO すばり、向上心と人脈です。
   
大竹 将来の夢は?
YAKO いつまでも自由に働くこと。
   
大竹 最後にSOHOを目指している方へのメッセージをお願いします。
YAKO やりたいことをやって来たらSOHOになってたって感じです。とにかく自然体が一番。ガッツは必要ですが無理は禁物です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
☆YAKOさんのHP
http://www.spacelan.ne.jp/~cando/

Web制作は石川県内のプロダクションさんがメインのクライアント。
メルマガのコラム執筆に関しては、女性向け、インターネットを楽しみたい人向けが得意です。
イラストや、広告用絵文字も作成します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

 



CopyRightSOHOシンクタンク本サイトの情報、画像等の無断転載を禁止。