HOME サイトマップ ビジネスサポート 活動紹介 受託事業 会員募集・登録 ニュースレター配信
 

データ・調査
SOHO支援団体
SOHOの声
 
SOHOシンクタンクとは
プライバシーポリシー
リンク・著作権について
お問い合わせ
 


 SOHOの声

イラストレーター・プロダクション主催 コヒラさん(埼玉県)の巻
  今回は、20代の若さで独立し順調に仕事を伸ばしているコヒラさんに、お話をうかがいました。
才能はもちろんのこと、強い意志と努力の上に成功を収められたのが伝わってきます。

大竹 コヒラさん、初めまして。今日はよろしくお願いします。
さっそくですが、開業時期と主な仕事内容を教えて頂けますか。
コヒラ SOHOを始めたのは、1998年1月です。主に、イラスト制作・トレース・CG・合成などをやっています。
   
大竹 SOHOを始めたきっかけは何ですか。
コヒラ 当時某大手電機メーカーの事務をしていましたが、現在の相談役であり会社経営をしている友人に「君ならできる!」と言われ独立を決意しました。
   
大竹 お若いのに見込まれていたのですね。実際にSOHOを始めて良かった点は?
コヒラ 会社勤めをしていた頃には絶対に身につけられなかった営業・交渉・制作等の技術が身につけられ、自分の価値を高めることができること。
   
大竹 それでは、SOHOワークで苦労する点は何ですか。
コヒラ SOHOはこちら側からするとメリットが多いですが、発注側も費用が安く済むというメリットもありますが、デメリットも多いのです。
例えば「信用がない」「締め切りに間に合わないリスクがある」等です。これらのデメリットをどうカバーしていくかが一番頭が痛いですね。後は、営業と制作のバランスをどうとるか。仕事をたくさん取れたからと言って制作に没頭すると営業がおろそかになり、そのうち仕事が無くなってしまいます。
   
大竹 バランスが難しいですね。ところで、仕事をするために、どんな技術を身に付けたのですか。
コヒラ PC(MAC)、Illustrator、Photoshopの使い方は独学で勉強しました。
営業や交渉術、経営の合理化等は相談役から常に指導を受けています。
また、相談役のアドバイスを参考に、自分でも積極的に新しい知識を身につけるように努力しています。
   
大竹 営業方法は?
コヒラ 18名のイラストレーターの作品でサンプル集を制作し、営業しています。
   
大竹 家族はSOHOについて、どう考えていますか?
コヒラ 実家から離れて一人暮らしをしていますが、援助は一切ありません。
心配しつつも理解をしてくれて精神的な支えになってくれています。
   
大竹 心強いですね。目標にしているSOHOの方はいますか。
コヒラ お知り合いになれた、すばらしい先輩方、力強い味方になって下さっているクライアントの皆様は私のとても大きな目標です。
   
大竹 経験のない仕事の依頼がきた場合、どうしますか
コヒラ いろいろな専門分野で活躍している仲間と共に行動しておりますので、やらせて頂く方向で前向きに検討しています。
   
大竹 仕事で落ち込んだ時は、どうしますか
コヒラ 気分転換に映画を見たり、スポーツクラブに行って運動したりしています。
仕事とは関係無いことをするのが一番です!
   
大竹 うまくリフレッシュしてるのですね。
SOHOをする上で必要なものは何だと思いますか。
コヒラ 「成功するまで辞めない」という強い意志。
   
大竹 将来の夢を教えていただけますか。
コヒラ 今年度中に法人化、SOHOのフットワーク、合理的経営を基盤に、クライアントが安心して仕事を任せられる体制を作り上げ、デザイン関係の親友たちを私の会社へ迎え入れ、遊びと仕事の区別が付かないような楽しい毎日を過ごすことです!
   
大竹 すばらしいですね。最後に、SOHOを目指している方へのメッセージをお願いします。
コヒラ やりたいことがあってそれを追求していたら現在に至りました。大変なこと、辛いことも多いですが、楽しい日々を過ごしています。
SOHOとは言っても一人で出来ることはとても限られます。同じ「夢」を持つ仲間を大切に、そして、その夢を実現するために力を合わせて頑張りましょう!

 

 



CopyRightSOHOシンクタンク本サイトの情報、画像等の無断転載を禁止。