HOME サイトマップ ビジネスサポート 活動紹介 受託事業 会員募集・登録 ニュースレター配信
 

データ・調査
SOHO支援団体
SOHOの声
 
SOHOシンクタンクとは
プライバシーポリシー
リンク・著作権について
お問い合わせ
 


 データ・調査

SOHO開業前の予想と開業後の実態
  SOHOシンクタンクが行った「2001年SOHO白書アンケート調査」の結果から、データをご紹介します。

「SOHO開業前の予想と開業後の実態で最も違っていたこと」(上位5件)
仕事が無い、受注が安定しない 38.9%
単価が安い、収入少ない 20.1%
自由時間がない、時間管理が大変 18.4%
より高い(広い)スキルが必要 7.3%
思ったより仕事が多い 3.8%
(資料:SOHOシンクタンク「2001年SOHO白書アンケート調査」2001年8月〜12月実施)

上位5件のうち、4件までが「こんなはずではなかった」という内容でした。

特に仕事量や収入に関する「予想はずれ」が圧倒的に多いですね。パソコンを買って、エージェントに登録すれば仕事が来る・・・と思ってSOHO事業を始めた方も、結構いらっしゃると思います。実際には、小さな実績を積み重ね、自分なりのアピールポイントを探して、積極的に売り込んでいかなければ、仕事の獲
得は難しいと思います。

このデータは、自由記入回答の中で同様の回答を集計したものですが、中には「ミスをした分を報酬から差し引かれたので、ほとんど収入にならなかった」という記述も見られました。

SOHOはれっきとした「事業」です。

営業も品質管理も当然自分で行うことになります。もちろん、あまりに安い報酬に対しては、みんなでスクラムを組んで対処していく必要があると思います。

これからSOHO事業を始める方には、SOHO事業の実態についてもっと深く理解していただけるよう、SOHOシンクタンクでも「SOHO白書」の出版などを通じて、広く情報提供していきたいと思います。

そうすれば、「こんなはずではなかった」という思いも、減っていくのではないでしょうか?

 

 



CopyRight SOHOシンクタンク 本サイトの情報、画像等の無断転載を禁止。