HOME サイトマップ ビジネスサポート 活動紹介 受託事業 会員募集・登録 ニュースレター配信
 

データ・調査
SOHO支援団体
SOHOの声
 
SOHOシンクタンクとは
プライバシーポリシー
リンク・著作権について
お問い合わせ
 


 データ・調査

地域別開業時期
  SOHOという働き方が定着してきたのはここ数年の話ですね。

でも、かなり以前から自宅でパソコンを使って自営業を営んでいらした方もいらっしゃると思います。
そこで、SOHO事業の開業時期を、地域別に見てみましょう。

地域別開業時期
  首都圏 地方大都市圏 その他の地域
5年以上前 17.9% 13.3% 6.7%
3年以上5年未満 19.6% 21.3% 22.7%
1年以上3年未満 29.5% 34.7% 42.9%
1年未満 33.0% 30.7% 27.7%
(資料:SOHOシンクタンク「2001年SOHO白書アンケート調査」実施時期:2001年8月〜12月)

「首都圏」とは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県を指します。
「地方大都市圏」は愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、広島県、福岡県を指します。

このデータを見ると、5年以上前からSOHO事業を営んでいる方は、首都圏に多いことがわかります。
そして、3年から1年前に、首都圏以外の地域に急速にSOHO事業が普及したことが示されています。

SOHO事業の普及は、情報通信インフラストラクチャーの整備や、仕事を仲介するネットワーク、SOHOエージェントの設立などの要因が影響していると思います。

ただ、地方ではまだ自宅で仕事をすることに対して周囲の理解が不足しているという意見もあります。

SOHO事業が多くの方に認知されるまでには、首都圏と地方圏でタイムラグがあるようですが、首都圏でのSOHO事業者の動きが、確実に地方にひろがりつつあると言うことができると思います。

SOHOシンクタンクでも、「SOHO白書」の出版等を通じて、SOHO事業の普及や理解の促進に努めていきたいと思います。

 

 



CopyRight SOHOシンクタンク 本サイトの情報、画像等の無断転載を禁止。