HOME サイトマップ ビジネスサポート 活動紹介 受託事業 会員募集・登録 ニュースレター配信
 

データ・調査
SOHO支援団体
SOHOの声
 
SOHOシンクタンクとは
プライバシーポリシー
リンク・著作権について
お問い合わせ
 


 データ・調査

事業が軌道に乗るまでの年数
  業歴の長い方は経験済みと思いますが、実際に開業してから固定客や継続した仕事を獲得したり、仕事につながる営業方法を確立したりするまで、ある程度の年数がかかるものです。

これから開業する方には、「ここまでがんばれば、あとは軌道に乗ってくる」という目安があれば、最初はつらくてもがんばれるものです。ではデータを見てみましょう。

「開業からの経過年数と収益」(中位数)
    (単位:万円)
経過年数 月商 所得・収支
0-0.5年 160 39
0.5-1.0年 150 50
1.0-1.5年 140 43
1.5-2.0年 300 60
2.0-2.5年 300 150
2.5-3.0年 300 200
(出典:玄田有史(2004)『ジョブ・クリエイション』日本経済新聞社)
(資料:国民生活金融公庫総合研究所「新規開業実態調査」)

この数値は、主に小規模企業や自営業者の新規開業者に対して毎年行われている調査のデータを分析したものです。

開業から1.5年〜2.0年経過したあたりから月商が倍増し、所得や収支も安定して増加してくることがわかります。開業当初は顧客を開拓し、仕事のやり方も試行錯誤しながらなんとか経営を続けていくことが多いと思います。でも、その苦労が結実する2年目あたりから、仕事も回り出し、すっと楽になってくるのではないでしょうか。

これから開業する方も、開業直後で悪戦苦闘していらっしゃる方も、2年続けることを一つの目標として、がんばってください。

 

 



CopyRight SOHOシンクタンク 本サイトの情報、画像等の無断転載を禁止。