HOME サイトマップ SOHO関連情報 活動紹介 受託事業 会員募集・登録 ニュースレター配信
 

仕事探し
お役立ちコラム
おすすめサイト
 ├ビジネス
 ├暮らし・趣味

 └健康
おすすめBOOK
 ビジネス
 スキルアップ・
    トレーニング

 文芸
 生活
 
SOHOシンクタンクとは
リンク・著作権について
お問い合わせ
 

お役立ちコラム

 健康

太ることと痩せることのメカニズム
 

皆さんはなぜ痩せる、なぜ太るかご存知ですか?たくさん食べる人は太る?
痩せている人は食べても太らない?もともと食べる量が少ない?

更に、さー痩せよう!さー太ろう(あんまりいないですかね)と思った時に何をしますか?
世の中にはダイエットと言う言葉が飛び交っていますね。油物や甘い物をを取らないようにすれば痩せると思っているあなた!いるでしょう。違います?

今回は皆さんが誤解しやすい太ることと痩せることのメカニズムを説明しましょう。

人間はどんなことをするにもエネルギーを使います。
激しい運動をしている人はもちろん頭を使っている人も、更には寝ているだけの人でも人間は生きているだけで大なり小なりエネルギーを使っています。このエネルギー(運動)を栄養学では“カロリー”といいます。すべての私達の活動はカロリーに置きかえることが出来ます。1時間歩くと何カロリー消費するなどです。

そして私達が日々口にしている食品、これもすべてカロリーであらわすことができます。
ケーキ1個で何カロリーなどです。

皆さんは私達の体もカロリーであらわすことができるのを知っていますか?
私達の体重は1g=7kcalに置き換えることができるのです。ここが今回のポイント1です。1gは7kcalですよ。

それでは、痩せる太るということはなぜ起きるのでしょうか?皆さんはどうゆう時に太る、痩せると感じますか?

たいていの人は食欲があり、ついつい食べ過ぎた時に「やばい、太る!」体調が悪く食欲が無い時や食べる時間が無い時、たくさん運動をした後に「痩せる」と感じているはずです。

実にその通り、ここが今回のポイント2です。
私達の体重は
『今日の体重=昨日の体重 +(食べたカロリー − 消費したカロリー) 』なのです。

体重60kgの人が59kgになった場合と61kgになった場合を食べたカロリーをX,消費したカロリーをYとして、上の式にあてはめてみましょう。

 59kg=60kg+(X−Y)
  X−Y=−1kg  −7000kcalです。

 61kg=60kg+(X−Y)
  X−Y=+1kg  +7000kcalです。

つまり、X−Yがマイナス"食べたカロリーより消費したカロリーが多い"と体重が減り、X−Yがプラス"消費したカロリーより食べたカロリーが多い"と体重が増えるわけです。

何を食べたかが問題ではなく、トータル的に何kcal食べ、何kcal使ったか、そして自分の体に何kcal残ったかが問題なのです。体に残ったカロリーが元より多ければ太り、少なければ痩せる。これだけです。

このように痩せる太るは体に蓄積又は消費され体に残るカロリーの問題なのです。何を食べたら太る、何を食べたら痩せるというようなことは決してありません。

ですから、いくら甘い物や油物を控えても他の物で同じカロリーを取れば痩せることは無いんです。逆にこれさえ知っていれば痩せたいと思った時にも食べ物の種類をあまり制限せずに実行することが出来ます。

それでは世の中、ダイエットをする時にはなぜ甘い物を控えましょう。とか油物を控えましょうって言うの?この言葉にだまされて痩せようと思った時に油や甘い物を控える人がいますね。
ところが先に説明したようにすべての食品は同じ基準のカロリーに置きかえることが出来るので何を食べても良いのですが、ここで問題になるのはそれぞれの食品が同じカロリーの場合でも量が違うということです。

チョコレート1カケ(約35g)と食パン1枚(約140g)、量は違いますが同じカロリーです。
おなかがとても空いているとき、あなたはどちらを食べますか?
おやつとして食べるにはチョコレートでも良いかもしれませんがおなかが空いているのにチョコレートだけではとても足りませんね。するとたいていの人は他にもなにか食べるはずです。

私達の体は残念ながら数学の式のように単純にはできていません。私達には欲求や満足感など感情があるのです。
体が欲する栄養とは別に見た目で量的にも欲しているのです。これには長年の習慣も深く関係しています。
カロリーは同じなのに、私達にとっては“量”が不足で視覚的な空腹感を量の少ないチョコレートだけでは埋めることが出来ないのです。
これがカロリーオーバー、つまり太る原因なのです。

甘い物や油物を控えましょうと言われる理由はここにあります。
砂糖は1g=4kcal,油は1g=9kcalと少ない量で多くのカロリーを持っています。
同じカロリーでも食べ物によって食べる量が違うということを知り、カロリーを考えつつ、自分の欲求を良く知ることが大切です。

なんとなくおわかりいただけたでしょうか?

 

 



CopyRight SOHOシンクタンク 本サイトの情報、画像等の無断転載を禁止。