HOME サイトマップ SOHO関連情報 活動紹介 受託事業 会員募集・登録 ニュースレター配信
 

仕事探し
お役立ちコラム
おすすめサイト
 ├ビジネス
 ├暮らし・趣味

 └健康
おすすめBOOK
 ビジネス
 スキルアップ・
    トレーニング

 文芸
 生活
 
SOHOシンクタンクとは
リンク・著作権について
お問い合わせ
 

お役立ちコラム

 健康

体脂肪(その2)
 

体脂肪、2回シリーズの後半。
さて、前回は“体脂肪とは?”“体脂肪はどうやって測るの?”と体脂肪の実体について説明しました。
後半の今回はそれを踏まえて、私達の健康を守るため“体脂肪と健康の関係””体脂肪との付き合い方”と実質ベースの内容です。

それでは早速
●体脂肪と健康との関係(なぜつくのか、なぜ減るのか。多いとどうなる、少ないとどうなる)
私達の体にとって体脂肪というのはなくてはならないものです。
最近になって良く聞くようになった言葉ですが日本人の体にもずっと昔からちゃんとあったもので、最近になって降って湧いた物ではありません。先にも書いたように体脂肪というのは私達の体の中で大切な役割を果たしています。
それがなぜ大きく取り上げられるようになったのか?これには二つの理由があります。
一つは私達の食事が洋風化したため、もう一つは食生活の乱れ(欠食、偏食など)です。これが原因で体脂肪が体に過剰についている人が多くなったからです。それでは順番に行きましょう。

○なぜ体脂肪はなぜつくの?なぜ減るの?
先にも書いたように体脂肪というのはエネルギーの貯蔵庫です。
体脂肪は脂を取らなければ増えないかといえばそうではなく、何を食べても体に余分なエネルギーがある(消費エネルギー>摂取エネルギー)と体脂肪がつきます。こう聞くと悪い物と考えがちですが、大昔の自給自足の生活のようにいつでもエネルギーが補給(食事)が出来ない人にとっては、エネルギーの貯蔵庫ですからとっても大切な物です。
エネルギーが不足(消費エネルギー<摂取エネルギー)すると足りないエネルギーは体脂肪を燃やす事で補うので体脂肪は減ります。
こう考えてみると、常にきちんと食事を取らない人の体は体脂肪を蓄えやすくなるとも言えますね。
普段から少なめにエネルギーを使って貯蔵するわけですから人間の生きる本能ってすごいですね。

○体脂肪、多いとどうなる?少ないとどうなる?
体脂肪には“皮下脂肪”と“内臓脂肪”がありますが、たいていの場合、体脂肪が多い人というのは“肥満”を伴っています。この肥満が問題なのです。
肥満というのはあらゆる病気の促進剤とも言われていて、高脂血症、糖尿病、更には心臓病、脳出血などになる確立を高くする要因です。体脂肪を減らしま しょう=肥満を解消しましょう!とも言えますね。
それでは少ないとどうなるか?といいますと、体脂肪が多くて困っている人は信じられないかもしれませんが、いるんですよ、機械では判定できないぐらい体脂肪が少ない人。いくら測っても判定不能です。痩せている男の人に多いようですが、あまりに少なくても問題です。
少ないと骨が軟骨化する、貧血、脳卒中や肺炎で死ぬ、女性だと月経停止、更には筋肉や内臓が萎縮したり(信じられないですね)します。

○体脂肪との付き合い方
体脂肪を私達はどのように考え、病気を予防したら良いのでしょうか?
体脂肪というのは年を取るごとに増えやすくなるものですが、これは(消費カロリー<摂取カロリー)になるからです。
まず少ない人は先に書いたような症状に気をつけてください。摂取カロリーが少ないわけですからどんどん食べれば良い訳ですが、往々にしてこれらの人は食が細いものです。食事の回数を増やしたり間食をしたりして増やすようにし てください。
それ以外の体脂肪が多め、もしくはオーバーしている方、毎日体脂肪を測って一喜一憂していませんか?体脂肪は日々変化しています。ところが毎日大幅に変化している訳ではありません。半年、一年のインターバルをおいて見る必要 があります。
気をつけなければいけない人は体脂肪が増えた人はもちろん、皮下脂肪ではなく内臓脂肪がついている人です。残念ながら内臓脂肪はお腹のCTスキャンを取らないと自分で見ることは出来ないのですが、体重が少ないのに体脂肪がとっても多い人、体重は変わらないのに体脂肪が増えた人、これらの人は内臓に
脂肪がついた可能性大です。さー大変です。内臓脂肪は健康にもっとも悪い物です。出来るだけ運動をしたり、摂取カロリーを減らして体脂肪を減らしましょう。
運動をする時間がない?!そんなことを言っている場合ではありません。
人間生きていてなんぼのものです。私達の仕事は体が資本です。時間は作りましょう。ちなみに皮下脂肪より内臓脂肪の方が消費しやすいですよ!
がんばって!!

 

 



CopyRight SOHOシンクタンク 本サイトの情報、画像等の無断転載を禁止。