HOME サイトマップ SOHO関連情報 活動紹介 受託事業 会員募集・登録 ニュースレター配信
 

仕事探し
お役立ちコラム
おすすめサイト
 ├ビジネス
 ├暮らし・趣味

 └健康
おすすめBOOK
 ビジネス
 スキルアップ・
    トレーニング

 文芸
 生活
 
SOHOシンクタンクとは
リンク・著作権について
お問い合わせ
 

お役立ちコラム

 健康

食中毒
 

雪印の事件を始め、毎年この季節になるとメディアを騒がす食中毒の報道。
今年も猛暑といわれて夏本番に向けて体力も徐々に落ちぎみ???
日本の夏は湿度が高くじめじめしているのが特徴ですね。気温は年々上がり、いずれは亜熱帯のようになってしまうのでは…。さて今回は“食中毒”です。

新聞やテレビで取り上げられる食中毒。なぜ起こるか知っていますか?
食中毒は私達が食べる食品に原因菌(サルモネラ、O157、腸炎ビブリオetc)がついていて、その菌に私達の免疫力が勝てなかった時に起こります。
主な症状は、腹痛、嘔吐、発熱どです。なんか風邪の症状に似ていますね。
ですから、家庭で起こっている食中毒は気がつかれないこともしばしばです。
意外に皆さんの家でも起こっているものです。そう言えば…なんて思いつく人もいるのでは。

今回は食中毒、しかも“私達にできる食中毒予防”です。

●食品には大なり小なり菌は必ずついる
“無菌”ということはまずありません。ですから、『菌を増やさないこと』これはとっても大切です。
冷蔵庫から出して食べた食品は、食べ終わったら出来るだけ早く冷蔵庫にも戻すこと。もしくは、初めから食べる量しか出さないことです。
これは食べ過ぎも防ぐことができて一石二鳥かも知れませんね。

●二つ目は『菌を殺す』です
食品は無菌には出来ませんが、食器や調理器具、私達の手は殺菌が出来ます。
まず、食器や調理器具ですが、生食以外の肉や魚を触ったら他の食品は触らない。
家で焼肉をする時など、途中からめんどくさいなってつい自分のお箸で肉を鉄板に…なんて人いませんか?
肉や魚についている菌は加熱することによって滅菌できますが、お箸はそのまま、あ〜お口に…。食中毒のきっかけ第1号です。菌は目に見えなければ臭いもありません。ごみや髪の毛がついたお箸は“うっ、きたない!!”と思って洗うのに菌はついていてもみんな汚いとは気がつかないのです。
そういう意味では菌は“きたない”と思うより“あぶない”と思ったほうが良いかもしれませんね。

さて、私達に出来る予防がもう一つあります。それは私達の“手”の殺菌&滅 菌です。
自分の手にどれだけの種類の菌がついているか調べたことがありますか?
私が大学の時にやった実験では恐ろしいほど菌がついていました。培養して見ると先生も見たことの無いような赤い菌がいたり!?培養しないと見れないのが残念です。

私達の手は食品に触る機会が意外に多いですね。魚の骨をはずしたり、テーブルの上にこぼれたものを手で拾って食べたり、枝豆を食べたり、お寿司なんかも手で食べますね。その他、口に食品を運ぶのに使っていることも多いはず。
上にならって言うと『私達の手はあぶない!!』です。

手というのは本当に便利なものでなんでも触ることが出来るんですよね。それでもって、手は目に見えて汚く(黒くなるとか、汚いと自分が思うものを触った時)なった時意外石鹸をつけてよく洗う人が意外に少ないのが事実です。手は乾いていて、さらさら、しっとりしていればなんとなくきれいな気がするのです。
外から帰ってきて“手がきたない”と思う人はどれぐらいいますか?
外から帰ってきて手を洗わない人も多いはずだし、洗っていても“外から帰ったら手を洗う”と教えられ、形式的に洗っている人がほとんどです。でも、手は本当に汚れています。私達が一番洗っていないのは“手”です。おふろに入ってからだのすみずみまで洗っても、手をすみずみまで洗う人はまずいないでしょうね。腕はこするけど手のひら、ゆびのまた。洗ったことのある人、います??
よく考えて見ると手は洗っていないものなのです。

外から帰ったら石鹸でよく手をあらってください。泡が白い日もあれば、きれいだと思っていても泡が黒くなることもあります。きれいだと思って洗った手の泡が黒かった経験のある私は必ず石鹸で手を洗います。手のひら、こう、ゆびの間、手首まで。それでも一日に何回も丁寧に洗うわけではないですが。
 
家の中にいても手は汚れているものです。ほら、皆さんが今、今触っているキーボード、もしくはマウス。1時間もすれば目には見えないものの埃が落ちてきています。たまにはよく見てみて下さい。でも、よーく見ないと見えないから、そのまま触るでしょう。まさか、いちいち拭くような人は入ないはずです。
でも知らず知らずのうちに自分の手で拭いているのです。だから、キーボードの表面には割と埃は溜まらないでしょ。キーとキーの間には溜まるのにどうして???私達の手できれいにしているのですよ。実は。 

日常の生活の中では手は汚れているものを次から次へと触りながら使っているのです。手を汚さずに何かをするには手袋でもつけて生活しないと無理です。
ですから良いのです、手は汚くなっても。でも、食べる前には洗ってくださいね。菌というのは目で見ることも出来なければ、臭いもありません。でも、必ずいるのです。絶対にいます。

私達自身が出来る簡単で一番の予防はこれです。手についている菌を食べない。
家で調理をする人は特に。あなたの手についている菌が食中毒の原因になります。
外食をする時にも手を洗ってくださいね。ちなみにどんなお店にも必ず手を洗う場所がお店の中にあります。これは飲食店の営業許可を取る時に、保健所から指導があるためです。
 
食中毒を予防するためには、食べ物を提供する側(奥さんだったりお店だったりお弁当やさんだったり)も惜しみない努力はしますが、自分の努力も大切です。

今回は食中毒の予防についてでした。いかがでしたか?
何か手洗いの指導のようになってしまいましたが、手洗いうがいは風邪の予防にもつながります。夏風邪はなかなか治りにくいので私達がかかるわけにはいきません。さー、夏本番ももう間近。おいしいものを適度に食べて、免疫力をつけ、食中毒&風邪を予防して今年の夏を乗り切りましょう!! 

 

 



CopyRight SOHOシンクタンク 本サイトの情報、画像等の無断転載を禁止。