HOME サイトマップ SOHO関連情報 活動紹介 受託事業 会員募集・登録 ニュースレター配信
 

仕事探し
お役立ちコラム
おすすめサイト
 ├ビジネス
 ├暮らし・趣味

 └健康
おすすめBOOK
 ビジネス
 スキルアップ・
    トレーニング

 文芸
 生活
 
SOHOシンクタンクとは
リンク・著作権について
お問い合わせ
 

お役立ちコラム

 健康

上手に水分補給をしましょう
 

さて、体が資本や第6回目。第5回目は“水分”を取り上げました。水分を取ってください!と。。皆さん実行していますか? 成果は、体の調子は いかがですか??

今回は前回同様“水分”をテーマにもう少し掘り下げ、“何を飲むか”です。
私達の口から入る『液体』はすべて水分です。この『液体』にはミネラルウォーター、お茶、コーヒー、ジュース、スープ、味噌汁などいろいろありますね。

喉が渇きましたね。さて、何を飲みましょうか????
お茶、コーヒーにはカフェインが。ジュースには糖分が。スープ、味噌汁には塩分が入っています。私達の体の塩分や糖分はある一定の濃さに保たれています。ですから、必要以上に摂取すればあとで喉が渇くのです。甘い物やしょっぱいものを食べた後、無性に喉が渇いた。。な〜んて経験ありませんか?
喉が潤えばいいというわけではないのです。体が欲しているのは“水”であって、カフェインや糖分、塩分ではありません。もちろんこれらの成分が必要な時もあります。(徹夜の仕事にはカフェインでしょうか)

さて、水にもいろいろありますね。きれいさで言えば水道水も、浄水した水も、買った水も変わらないそうです。なぜ水道水をまずいと感じるかと言えば“残留塩素”の違いだそうです。最近はお水を買うことに抵抗を覚えない人も増えてきたようですが、売っているミネラルウォーターも外国の水、日本の水、軟水、硬水などありますね。外国の水でも日本の水でも構いませんが、硬度が高い水(硬水といわれるお水)の方がミネラルを多く含んでいます。ミネラルが多い水は汗をかいたあとやミネラルを多く必要としている妊婦さんなどには最適です。ただ、飲みすぎるとお腹がゆるくなると言う欠点(便秘の人はいいですよ)があるので注意してください。

塩素が気にならなければ水道水でも十分だし、塩素はまずいが水を買うのはどうも…と言う人は湯ざましやお茶の中でもカフェインの含まれていないもの(麦茶や杜仲茶はいいようです)を選ぶといいかもしれないですね。

 

 



CopyRight SOHOシンクタンク 本サイトの情報、画像等の無断転載を禁止。