HOME サイトマップ SOHO関連情報 活動紹介 受託事業 会員募集・登録 ニュースレター配信
 

仕事探し
お役立ちコラム
おすすめサイト
 ├ビジネス
 ├暮らし・趣味

 └健康
おすすめBOOK
 ビジネス
 スキルアップ・
    トレーニング

 文芸
 生活
 
SOHOシンクタンクとは
リンク・著作権について
お問い合わせ
 

お役立ちコラム

 ビジネストレンド

オークションに出品!!
 

先月、古本屋業に参入?したばかりの私ですが、週末起業の第2弾!として今週、ヤフーオークション(以下ヤフオク)に初めて出品しました。

出品したといっても、いまだにデジタルカメラも持っていない私は、商品の写真が撮れないため、自力で出品することが出来ません。
そこで、ヤフオク公認の出品代行会社がたまたま家の近くにあったので、商品の撮影から、値段の設定、開始時間等すべて委託して出品することにしたのです。
なにしろ、ヤフオクで一度も商品を購入したことがなければ、その仕組みもよくわからないのですから無理もありません。
なぜオークションかというと、今年の1月に週末起業フォーラムの講演会でヤフオク長者で有名なN氏の話を聴き興味を持ったことと、個人的には好きではないライブドアの堀江氏(ゴーストライター?)の著書(本のタイトルは忘れました。もちろん立ち読み)の中で“起業の原点は、何でも 良いからモノを売ってみる。すべてはそこから始まる”という一節に影響されたからです。

当然ですが、商品がなければオークションには参加出来ません。
一般的には、初めてオークションに参加する時は不用品を出品することが多いようです。
不用品であれば、リスクはゼロですし、いきなり商品を仕入れてもヤフオクでは落札率が低いので(平均で15%くらい)不良在庫になる可能性が高いからです。

私もこれにならい、不用品を出品することにしました。
いくつか出品したのですが、何といっても今回の“目玉商品”は衝撃的な自殺を遂げた岡田有希子のグリコカフェゼリーの下敷きです。
20年以上も前の下敷きですが、GW中に私としては異例?の大掃除をしたところ奥の棚から出てきたのです。
別に岡田有希子のファンでもなかったので、どこで手にいれたのか憶えていませんし、捨てるよりはオークションに出したらどうなるだろうという好奇心から出品することにしたのです。
ヤフオクでは、この下敷きのように非買品で稀少なものに高値がつくことが多いようです。

出品は代行会社のアドバイスで土曜の夜10時代、終了はその1週間後の14日10時50分、1500円からスタートという設定で出品したのですが、その日のうちにすぐ2名の熱狂的な??岡田有希子ファンから入札があり、先週の土曜日の時点で興味のない人にとっては、ただの下敷きに2100円の値がついたのです。

その後は、入札はなく金曜日までは、変化がなかったのですが、14日(土)の3時に突如、新たな入札者が現れ、いきなり4000円で入札。
ところが、その5分も経たないうちに別の入札者が4100円で入札。
この新たな2人のチョー熱狂的??な岡田有希子ファン??がオークション終了まで争い、結局、5250円で落札されました。1年前だったら確実に不燃ゴミとして捨てられたであろう下敷きに5250円の価値を見出す人がいる。
これがオークションの面白さかもしれません。

皆さんも、ゴミを捨てる前に“これオークションに出したらどうなるだろう”と考えてみてはいかがでしょうか。

 

 



CopyRight SOHOシンクタンク 本サイトの情報、画像等の無断転載を禁止。