HOME サイトマップ SOHO関連情報 活動紹介 受託事業 会員募集・登録 ニュースレター配信
 

仕事探し
お役立ちコラム
おすすめサイト
 ├ビジネス
 ├暮らし・趣味

 └健康
おすすめBOOK
 ビジネス
 スキルアップ・
    トレーニング

 文芸
 生活
 
SOHOシンクタンクとは
リンク・著作権について
お問い合わせ
 

お役立ちコラム

 ビジネストレンド

オークションセミナーに参加
 

今月、週末起業フォーラム主催のオークションセミナーに参加しました。
講師は、オークション界で売り出し中のN氏。今回のセミナーは、“N氏の秘伝?のノウハウを全て公開する!!”
というふれこみに惹かれ、参加してみたのです。

会場は、東京の三越日本橋本店から歩いて3分ほどの、築20年くらいの色あせたぱっとしないビルの2階。
20人入れるかどうかのこじんまりとした会議室は、セミナー開始5分前には満席。
N氏の人気の根強さが窺える。参加者は2人以外全て男性。
男性の平均年齢は、50歳といったところ。
あとは、50代くらいと20代後半と推定されるブランドで身を固めた女性。
セミナー開始までの時間、なぜか参加者同士お互い、全く口をきこうとしません。
“シーンとした”雰囲気のところにN氏登場。

今年の1月に初めて、N氏の講演を聞き、オークションに興味を持ちましたが、アパレル関係出身でもない男性のN氏がなぜ“婦人服のオークション”で大成功を収めているのかは謎でした。
今回のセミナーでは、初めて参加した人が大半なので1月の講演と前半はほぼ同じ内容でした。
後半に入ると、“ここからは初めてお話する内容”ということで、彼のオークションの秘伝のノウハウを話し出しました。

彼の“オークション”の最大の特長は“驚いたことに婦人服をほぼ100%、男性をターゲットに販売していることです。
”その男性顧客は、“彼女や愛人”に着せてみたい服を購入するのだそうです。
その売れ筋の特長は、N氏曰く“とにかく派手で目立つこと”“特に金色とかヒカリモノが好ましい”とのことです。
そのような婦人服をどこで仕入れているかというと“大規模なフリーマーケットに行けば、安く大量に仕入れられます。
若い女性は、1、2回しか着ない高価な服を売りに出すのでたやすく仕入れられる。 ”そうです。

N氏は今では、100人以上の“御得意様(ほとんど男性)”をかかえ個人取引もするほどまでに発展し、大手電機メーカーの年収をオークションによる収入が上回るようになったため、会社を退職し、今年からオークションをする一方、今までの経験を生かしてオークションコンサルタントとしてオークションセミナーの講師として活躍中です。

今回のセミナーは面白かったのですが、“私にはとてもじゃないけど出来ないな”という思いを抱きました。
オークションが、“買い手市場”になりつつある現在、N氏のように特色がないとビジネスとして成り立たなくなってきているのが現状のようです。

 

 



CopyRight SOHOシンクタンク 本サイトの情報、画像等の無断転載を禁止。