HOME サイトマップ SOHO関連情報 活動紹介 受託事業 会員募集・登録 ニュースレター配信
 

仕事探し
お役立ちコラム
おすすめサイト
 ├ビジネス
 ├暮らし・趣味

 └健康
おすすめBOOK
 ビジネス
 スキルアップ・
    トレーニング

 文芸
 生活
 
SOHOシンクタンクとは
リンク・著作権について
お問い合わせ
 

お役立ちコラム

 税務

申告は無事できたのか?!
  経理ソフトで入力をしていたので「楽勝!」と考えていたのですが、それが甘かった。

ポンと「申告書作成」のボタンを押すと、最終結果欄に項目にマイナスの数字が並んでいました・・。「あれれ、なぜ?どうして?」自分でもよくわからず、ソフトのマニュアルを読んでも、チンプンカンプン。で、結局ほっといたんです。「最終的は青色申告会に相談すればなんとかなるさー。」と、大きく構えていました。
(この心理状態が、私の経理業務ダメっぷりを物語っていますね。)

そして、いよいよ締め切り4日前になって、ようやく仕事を休んで相談に行きました。
そうしたら、マイナスの原因は項目を勘違い入力をしていたということが判明。
最初に教えてもらったのですが、どこかの時点で変になってしまったようです。経理ソフトといえども、入力は人間がするので、取り扱う人間の経理能力が弱いと、それ相応の結果しかでないのですね。

そして、さらにショックだったのは、担当者にめちゃくちゃ怒られたことです。
「こんなギリギリになって、こんなミスをしておいて、どうして今までほったらかしていたの!!!」と、こんな感じで。声も大きかったので、かなり怖かったです。「なんで、私がこんなに怒られなきゃいけないのー?!」と思いつつも、やっぱりどう考えても悪いのは私なので恐縮しました。女性の担当者だったのですが、本当に怖かった。

でも、担当者は一通り怒った後、一転してものすごーく親身になって相談にのってくれました。
その変貌ぶりに唖然としながらも、担当者の手際よいペースでさっさと修正されて、約1時間ばかりで申告書の下地が完成。
金額が間違っている項目を、もう一度調べてくるよう宿題をだされ、いったん家に帰宅して集計しなおし、再度青色申告会に行きました。
内容確認してもらい、最後に清書、捺印したものをそのまま提出。会員の申告書は申告会がまとめて税務署に提出するのです。税務署に行く手間が省けました。申告会の事務所を出たときは夕方でしたが、そのすがすがしい気分は格別でした。源泉徴収で収めた税金もほぼ全額戻ってくることが分かり、ホクホク笑顔に。

こうして、私の初めての青色申告がようやく終了しましたので、この連載もこれにて終了です。
最後になって、怒られましたが、それは意地悪ではなく、経理業務も事業活動の大切な作業なんだよ!ということを担当者は諭してくれたように思います。
4月になったら、もう一度個人指導してもらう予約をとりました。
次回の申告は経理ソフトの入力ミスもなく、最後にボタン一つで綺麗な申告書が作成できていることを目指すつもりです。

みなさんも、日々の経理業務大変だと思いますが、一緒に頑張りましょうね!

最後に・・・。
「青色申告」と聞くと、最初から完璧経理作業をしなければいけないと思う人も多いようです。
経理の知識がある人なら、大丈夫だと思いますが、経理知識のない人にはハードルが高く感じます。個人事業主だと、なかなか決心がつかないものです。
でも、青色申告会のような団体やサポート機関を利用すれば、経理苦手な人もちゃんと青色申告者になれます。白色申告が悪いというわけではないですが、青色申告だと事業主の自覚が芽生えますし、税制対策なら青色申告の方が絶対お奨めです。まだ白色申告の方は青色申告を目指してみてください。

 

 



CopyRight SOHOシンクタンク 本サイトの情報、画像等の無断転載を禁止。