HOME サイトマップ SOHO関連情報 活動紹介 受託事業 会員募集・登録 ニュースレター配信
 

仕事探し
お役立ちコラム
おすすめサイト
 ├ビジネス
 ├暮らし・趣味

 └健康
おすすめBOOK
 ビジネス
 スキルアップ・
    トレーニング

 文芸
 生活
 
SOHOシンクタンクとは
リンク・著作権について
お問い合わせ
 

お役立ちコラム

仕事環境

都心でオフィスを構えたい
  仕事を選ぶように、仕事の環境も選びたい。もちろん“快適”がキーワード。

誰かに与えられたものじゃなくて自分で一つずつ作り上げる、そんな仕事環境なら愛着もわくし、仕事もはかどりますよね。それではどんな風にその快適を手に入れますか?

トップバッターは、SOHOシンクタンクの賛助会員でもある、有限会社パラスさんの事務所探し奮戦記です。
グローバルにお仕事をされているだけあって、事務所へのこだわりもなかなかなもの。
事務所をお探しの方は、是非参考にしてみて下さいね。

----------------------------------------------------------------------
Q: 有限会社パラスさんは、何をされている会社ですか?
A: 海外ビジネスに特化したインターネットマーケティングの会社です。
   
Q: 具体的に、仕事内容をお伺いしたいのですが。
A: グローバル社会といわれて久しいですが、小規模のビジネスであっても良い商材・サービスでさえあればインターネットを活用して低コストで海外展開できるようになってきました。
そこでパラスでは英語とインターネットのノウハウで、そのようなビジネスのマーケティングサポートを行っています。
具体的には海外WEB市場調査、バイリンガルホームページ・英語版販促ツール制作、海外販路開拓、Eメールによる営業対応など、トータルに行っています。
詳しくはこちらをご覧頂ければと思います。
PallasnetHome:<http://www.pallasnet.com/>
   
Q: 事務所を都心に構えた理由はなんですか?
A: 役員が二人とも東京都内在住であったためです。
また、業務内容がマーケティング業ですので、あまり都心から離れすぎてしまうのも問題がありました。いくらインターネットを活用しているとはいえ、人脈が頼りのコンサルティング業では営業的に難しいものがあります。
   
Q: そうですね。ただ、SOHOということでしたら、都内にお住まいですし、ご自宅をオフィスにしても良かったんじゃないですか?
A: ええ、それも考えたのですが、ネットワークでお仕事をしたり、デザイナーさんやプログラマーさんなど他のSOHOの方とお仕事をしたりお客様とお打ち合わせしたりすることを考えると、“人が集まれる事務所スペース”を確保したかったんです。
また、自宅の住所ではやはりイメージが今一つですしね。
   
Q: なるほど。なかなかお客様に自宅に来ていただくわけに行きませんし、自宅に快適なネットワーク環境を完備するのも難しいですしね。また、業務内容を考えると、自宅を事務所として機能させるのは、無理もあるかもしれませんね。
そういえば、最近引っ越したんですよね。
A: 10月まで渋谷区の表参道のオフィスに、間借り状態で事務所を構えていました。
インターネット・グローバル・マーケティングという社のイメージにもってこいの立地でしたし、固定費の安さは魅力でしたね。
   
Q: 交通の便もいいですしね、お客様も来ていただきやすかったのではないですか?
A: ええ、立地条件は良かったのですが、やはり狭いワンルームマンションに4社で事務所をシェアしていましたので、お客様にコンサルティングを行う際にプライバシーが保たれないことがいちばん困りました。
その他にも共同利用者との仕事スタイルの違いや、喫煙習慣の問題などの軋轢、作業
スペースの狭さ、集中して頭を使う仕事には適さないなどの難点がありましたね。
やはり共同で事務所を利用する際には、気を付けることが沢山あります。
安易な同居は避けるべきというのが私たちの教訓です。
   
Q: それで新事務所に移られる事になったんですね?
ところで、一口に“移る”と言っても、いろいろご苦労が有ったんではないですか?
A: そうですね。まず資金がショートしないように、融資を受けました。
家賃などの固定費が膨らむことは覚悟ですが、引越しするとなると一時的にでも出費がかさみますからね。
   
Q: めでたく引っ越しが完了されているということは、バッチリ融資が受けら
れたわけですね。
A: ええ、おかげさまで(笑)融資がおりなければ、独立事務所はもうしばらくお預けということになったことでしょうね。
   
Q: さて、次はいよいよ事務所探しですが、ポイントはどこに絞りましたか?
A: つきなみですが、事業活動の場として、なにを優先的に考えるかというところですね。
言うのは簡単ですが、実際これは非常に悩む作業でした。でも、悩んでばかりいても前に進みませんので、ひとまず条件を決めました。
   
Q: どんな条件を出したんですか?差し障り無ければ、教えて下さい。
A: 最初に固定費として出せる家賃と、最低限必要なスペースを割り出し、その上で住所のイメージの良いところを第一優先条件にして考えました。それから、忙しいときには泊まり込めるようにユニットバス付きでトイレが部屋に専用になっている物件という条件もありました。
   
Q: 確かに、オフィス街、ファッション街、繁華街……それぞれ住所を聞いただけで、どんなところかイメージできてしまいますからね。
不動産やさんはいくつもまわられたんですか?
A: ええ、縁故知人に紹介された不動産屋さん、営業をかけてきたところ、希望地を歩いてみつけたところなど、思い当たるところはすべてあたってみました。
そして幅広く物件情報を出してもらい、いろいろと不動産情報を教えてもらいながら、めぼしいところを内見させてもらいました。
そうしているうちに、自分達の優先することも見極めがついてきます。
   
Q: プロの助言は大切ですね。
A: そうなんです。そんな中から、誠実な対応の不動産屋さんも見つかります。
誠実な、といっても特別なことではないのです。きちんと連絡をくれるとか、こちらの希望に則した物件をちゃんと出してくれるとか、現地の地図をコピーしてくれるとか……相手の身になって考えれば、とても当たり前のことが当たり前にできていないところって結構あります。
これは自分の商売を振り返ってみるいい勉強でもありました。
   
Q: それで、イメージにぴったりのところが見つかりましたか?
A: いろいろあたってみたのですが、あれこれ見ていくうちに、多少イメージを犠牲にしても、ある程度居住空間としての快適性も大切にしたいと考えるようになりました。
   
Q: まぁ、住所のイメージは、快適性にはあまり直接関係有りませんからね。
でも迷われたんじゃないですか?
A: ええ。でも、あまり迷っていても決まりませんからね。結局自分達の中で期限を決めてしまうことにしました。
もちろん、徹底して希望物件が見つかるまで粘るのも一つの手ですが、会社のコストで動いてますし、労力と時間を考えると、あまり長引かせるわけにもいきませしね。
   
Q:

実質事務所探しに費やした時間はどれくらいですか?

A: 期間的には二ヶ月程です。
最初の一ヶ月は物件情報集め、後の一ヶ月はどんどん見て回りました。うちは二名で稼動しているので、主に私が情報収集、不動産屋さんとの折衝を担当し、物件を絞り込んだ段階でパートナーに検討してもらうように段取りました。
   
Q: 最終的に契約するときの注意点、これから事務所を探そうとしている方達に、アドバイスなどがありましたお願いします。
A: 本当に納得がいくまで慎重に物件を確認すること。
見落としていることがないか、第三者にも相談することが大事だと思います。
   
Q: 新しいオフィスはいかがですか?
A: とにかく快適ですよ。苦労して見つけた甲斐がありました。作業効率も アップしました。
お客様も遠慮なく呼べます。後は固定費の問題がありますが、これはもう稼ぐしかないでしょう(笑)事業にどれだけの投資をし、どうやって回収していくか、計画を立て勇気を持って実践していく。それに尽きると思います。
----------------------------------------------------------------------
あとがき

もともと東京出身の私にとっては、住宅事情、事務所事情が分かっているだけに、今回のパラスさんがご苦労された過程がよく分かりました。
私の場合はまだまだ小規模SOHOですので、仕事場は自宅で十分ですが、やはりお仕事の幅が広がってくると、クライアントとの打ち合わせに事務所があればなぁ〜と思うことも多々あります。
事務所を持つこと自体、実現したところで、だいぶ先の話になるでしょうが、いつかパラスさんのような、快適な空間が持てればなぁと思っています。

 

 



CopyRightSOHOシンクタンク本サイトの情報、画像等の無断転載を禁止。